PR

 米アップルが2014年9月9日に米サンフランシスコで発表した腕時計型のウエアラブル端末。事前のリーク情報では「iWatch」の名称で呼ばれていた。本体のデザインや素材、付属するバンドの違いにより「Apple Watch」「Apple Watch SPORT」「Apple Watch EDITION」3モデルがあり、それぞれ38mmと42mmの2つのサイズが用意される。価格は349ドルから。発売は2015年初頭を予定している。

 アップルにとってはMac、iPod、iPhone、iPadなどに続く、新ジャンルのハードウエアプラットフォームとなる。Apple WatchはiOSをベースとしたWatch OSで動作し、IEEE 802.11b/gやBluetooth 4.0を用いてiPhoneと連携する(iPhone側はiOS 8が必要)。通話やメール、メッセージ、音楽再生のコントロール、地図や写真の表示が可能なほか、FacebookやTwitterといったSNSアプリなども利用できる。

 本体右側面に時計の竜頭のような「デジタルクラウン」と呼ぶ新型の入力機構を備えており、これを回すことで機能の選択や地図の拡大/縮小などができるほか、ホームボタンとしても機能する。ディスプレイ画面に指で触れての操作も可能。音声エージェント機能「Siri」も搭載しており、音声で操作できる。

 アクティビティトラッカーとしての機能も充実している。本体背面に光センサーを搭載、心拍数を読み取って運動強度を測ったり、加速度センサーや、iPhone側のGPS機能、Wi-Fi機能を組み合わせることで、歩数をはじめ幅広い種類のデータを収集、計測できるという。