PR

 圧倒的な没入感を実現するとして話題のヘッドマウントディスプレイ「Oculus Rift」の販売の予約受付が開始されました(関連記事VRゲーム用HMD『Oculus Rift』が予約受付を開始、価格599ドルで出荷は3月末以降:)。現時点では主にゲームで使われるようですが、新たな時代が始まるのかもしれません。

 Oculus Riftで体感するVR(仮想現実)の世界はどのようなものかと考えていたとき、「企業にも「心の時代」(1) グローバル企業で採用されている『マインドフルネス』」というタイトルが目に入りました。

 この記事によれば、グーグルのような企業で瞑想を軸としたマインドフルネス研修が人気だといいます。実現するVRの世界と瞑想して得られる世界、どちらが魅力的なのでしょうか。

 瞑想しながら考えてみます。