PR

 「Amazon.com、音声アシスタント端末『Echo』に電子書籍朗読機能を追加」を読んで、朗読に対する常識が変わるかもしれないと感じました。気が向いたときに朗読してくれるのです。

 同じ本でも自分で読むのではなく、朗読を聞くとなると特別な気分になります。人間ではなく機械が話す場合はどうでしょうか。

 記事によれば「ロボット音声のため、Amazon.comの有料オーディオブックサービス『Audible』のような感情のこもったナレーションは期待できない」といいます。機械の朗読で感動するようになるには、もう一段のイノベーションが必要かもしれません。