PR

 モバイルの主役がスマートフォンからIoT(Internet of Things)に変わりつつあります。「[MWC2016]IoT向けパートナーシップが主役、低電力・長距離の新無線技術に業界が注力」を読んで、改めて感じました。

 今週、スペインのバルセロナで開催された世界最大のモバイル関連展示会である「Mobile World Congress 2016」(MWC 2016)の動向をまとめた記事です。エリクソンと重電メーカーであるABB、トラック製造メーカーであるスカニアが共同で5G(第5世代移動通信)に向けたトライアルを実施しているという下りや、無線技術の「NB-IoT」関連の記述を読むと、IoT時代が確実に近づいているのがわかります。

 「世界のスマホ市場は成熟期に、もはや2桁成長は見込めない―英調査会社」を読んだことも、主役交代の印象を受けた理由かもしれません。IoTがどう社会を変えていくか、追いかけていきます。