PR

 確実に企業のセキュリティ意識は高まっているようです。「新設試験『情報セキュリティマネジメント試験』の初回応募者は想定以上の約2万3000人」を読みました。

 IT会社ではなく企業の利用部門に勤務するセキュリティ担当者向けに新設した、情報セキュリティマネジメント試験に想定以上の応募者があったという事実は、前向きにとらえるべきでしょう。知識を基にした備えがなければ、脅威は防げません。

 ただ利用部門でできることには限界があります。高まり続ける脅威にどう立ち向かうか、答えはまだ出ていません。