PR

 企業情報システムでのクラウド普及に、エンジニア不足が影響を与えています。「企業システムが分かるクラウドエンジニアが足りない」の冒頭にある「クラウドを使うなら、“人”をつかまえろ」という言葉は象徴的です。

 「[ITエンジニア徹底調査3]40代前半もクラウドを意識、IoTとAI技術に要注目」に興味深いデータがあります。ITエンジニアに、次になりたい職種のイメージを聞いているのですが、クラウドエンジニア(SaaS、PaaS、IaaSに携わる人材)は全体の8%でした。この数字が高くなるほど、クラウドエンジニアが増えていくはずです。

 世代別に見て多いのは全体の半数を超す30代ですが、増加率が高いのは40代です。40代の技術者が、クラウドエンジニア不足解消の救世主になるかもしれません。