PR

 コミュニケーションには苦労しています。対面でないメール、あるいはチャットソフトなどを使う場合、読んだ後の反応が気になって、何をどう書けばいいのか、悩むことが少なくありません。

 「情報共有のためチャットで絵文字を推奨、Increments海野氏」を興味深く読みました。記事にある、「声のトーンや表情で伝わる情報が、テキストでは伝わらない。活発な情報共有を維持するために絵文字は大事だ」という言葉には同感です。チャットは絵文字で、というのでしょうか。

 とはいえ突然、同僚とのやり取りに絵文字を使い始めるのは勇気が入ります。取材先はなおさらです。コミュニケーションは難しいです。