PR

 米国で大規模なプライベートイベント「Oracle OpenWorld 2015」を開いたばかりだからでしょうか、米オラクル関連の記事を3本公開しています。「退くHP、進むOracle、転換点を迎えた老舗ベンダーのクラウド戦略」と「オラクルが『クラウドネイティブ』と言わない理由」、「ダイバーシティーはビジネス問題の解決に重要、OracleのCEOが語る」です。

 「退くHP、進むOracle、転換点を迎えた老舗ベンダーのクラウド戦略」と「オラクルが『クラウドネイティブ』と言わない理由」の2本は、オラクルのクラウドに対する考えを理解するのに役立ちます。全方位で真正面からクラウドに取り組んではいるが、ITの常識を破壊するつもりはない 、と言えばいいのでしょうか。

 このイベントでは、オラクルのラリー・エリソン会長兼CTO(最高技術責任者)が、米IBMや欧州SAPではなく、米アマゾン・ドット・コム、米マイクロソフトを自らの競合と名指ししていたのが印象的でした。競合相手が変わったと言うことで、現状はどうあれ、間接的にオラクルをクラウド時代のプレーヤーと印象付けようとしているのか、一つの方法だとは思います。今後、クラウド事業者の大規模な買収を仕掛けるかもしれません。

 「ダイバーシティーはビジネス問題の解決に重要、OracleのCEOが語る」も興味深く読めました。オラクルの共同CEO(最高経営責任者)の一人であるサフラ・キャッツ氏による、ダイバーシティー(多様性)とインクルージョン(受容)をテーマにした講演の紹介を中心にしたものです。一筋縄ではいかない問題だということを再認識させられます。