PR

 オープンが関係する2本の記事が気になりました。正確には、オープンソースとオープンデータが関わるもので、「米フェイスブックが人工知能専用サーバーを開発 設計図は公開」と「広報紙のオープンデータ化、主要自治体の63%が『既に実施』『関心がある』」になります。

 驚いたのは広報紙のオープンデータ化に関する記事のほうです。タイトルにもありますが、主要自治体の63%が「既に実施」、「関心がある」という事実が想像以上だったからです。

 「Open Compute Project(OCP)」の取り組みがありますから、米フェイスブックがハードウエアの設計図を公開するということ自体はそこまで意外ではありません。それでも、「ニューラルネットワークの学習に特化したGPUベース」(上記記事から)と知ると、改めて同社の人工知能に対する関心の高さを感じます。

 少し前に「人ごとでないオープンイノベーション」という日記を書きました。オープンという言葉について、じっくり考える時期が来ているようです。