PR

 日本の多くの大企業には、CIO(最高情報責任者)が二人いる。「CxO制度すら定着していないのに、そんなバカな」と思うかもしれないが、現実である。むしろCxO制度が定着していないがゆえに、日本の大企業では「誰がCIOに相当するのか」と聞かれると、大概は二人の役員の名前が挙がるのだ。

 では二人のCIOとは、具体的には誰か。まず一人目は常務取締役、代表取締役副社長といった企業の首脳クラスの役員。彼らは財務担当や営業統括といった本業のほかに、いくつかの役割を兼務しており、その一つに「IT担当」「IT部門管掌」としてCIOの役割も担う。ただし、ほとんどの人はIT部門での業務の経験が無く、ITに関しては“素人”だ。

 そしてもう一人のCIOが、役員待遇のIT部門の長だ。大方は執行役員システム部長の肩書きで、常務や副社長といった上席のCIOの指揮下にある。

 問題は、どちらが本当のCIOなのかである。役員である以上、経営の観点からIT戦略を立案・実行する人でなければならない。経営課題全般を把握し経営戦略を主体的に語れる人という意味では、IT担当の常務や副社長がCIOに相応しい。ところが、IT担当であるにもかかわらず「ITがよく分からない」と言って、役割を執行役員システム部長に丸投げしてしまう人が多いから、話が変なことになる。ITを語れないならCIOではない。

 では、執行役員システム部長がCIOの役割を果たしているかと言えば、なかなかそうはならない。こうした役員待遇のシステム部長には、長くIT部門だけで仕事をこなし、IT部門の管理者として出世した人だ。刻々と変わる経営課題を十分に把握できておらず、経営の観点で語れないから、経営会議に出席しても終始無言。そんな人が実に多い。