PR

 「情報システムの運用は開発に比べて、経営から軽く見られている。システムは開発して終わりではなく、運用こそ大事なのに」。システムの開発部隊と運用部隊が分かれている大手ユーザー企業のIT部門では、システム運用担当者の間でこうした不満がまん延しているという。私も何度か運用担当者からそんな話を聞いたことがある。

 運用担当者が不満の一つも言いたくなる事情は、よく分かる。開発部隊はシステム化計画や要件定義など、いわゆる上流工程で経営と何度も議論し、開発着手となると経営トップから「期待しているよ。頑張ってくれたまえ」と激励の言葉を贈られたりする。傍目から見ると、日の当たる仕事に映る。

 一方、システム運用の仕事は地味だ。もちろん、システムは業務に使う道具なのだから開発後の運用が重要。だが、その重要な仕事を担っている運用部隊に対しては、経営トップが激励するどころか、関心を持ってくれることもない。唯一関心を持たれるのは、システム障害が発生した時だけ。その時はお叱りを受けるという損な役回りだ。

 だから心情は理解できる。だが、その認識が正しいかと言えば、実は間違っている。システムの開発は多くの場合、業務改革や新規事業の創造などを目的として実施されるものだから、節目節目で必ず明確な経営判断が必要になる。それゆえに経営が強くコミットするのは当たり前であり、逆に経営のコミットが無いなら大きな問題をはらむ。

 一方、システム運用の仕事の多くは日々のオペレーションなので、日常的な経営判断は不要だ。だから、経営トップをはじめとする経営陣がシステム運用に関心が薄くても、ある意味それは当たり前なのだ。