PR

 HEMSは、「ホーム・エネルギー・マネジメント・システム(home energy management system)」の略称である(関連記事1)。家庭で使ったり発電したり蓄えたりするエネルギーをICT(情報通信技術)で管理する。ところが「エネルギー」の管理だけでは不十分、家庭における「環境(environment)」全般を対象にしようと考える住宅メーカーを「第43回東京モーターショー2013」(一般公開日:2013年11月23日~12月1日、東京ビッグサイト)の会場で見つけた。

 その住宅メーカーは積水ハウス。同社は、東京モーターショーに、東芝とホンダ(本田技研工業)の3社で会場内の「SMART MOBILITY CITY 2013」エリアに合同出展している(関連記事2)。ここで同社の考える新しい「HEMS」の一端を紹介していた。

積水ハウスが「東京モーターショー」で東芝とホンダと合同出展したブースにおけるデモの様子
積水ハウスが「東京モーターショー」で東芝とホンダと合同出展したブースにおけるデモの様子
[画像のクリックで拡大表示]
積水ハウスは「東京モーターショー」で東芝とホンダと合同出展
積水ハウスは「東京モーターショー」で東芝とホンダと合同出展
[画像のクリックで拡大表示]

 「我々は、HEMSのEを“環境”などと広くとらえて展開していく」。同社でHEMS事業を推進している石田健一氏(執行役員 環境推進部長 温暖化防止研究所長)はこのように説明する。