PR

「オプションの選択」画面を表示する

 Windowsがトラブルを起こしたとき、Windows XPでは「Windows拡張オプションメニュー」、Windows Vista/7では「詳細ブートオプション」のメニューを表示させ、セーフモードや「前回正常起動時の構成」を選択することができた。どちらの場合も、パソコンの電源を投入後キーボードの[F8]キーを押すことで、通常起動ではなくオプションメニューへ移行する。ところが、Windows 8以降は、この方法が利用できない。

 理由はいくつか考えられるが、最大の要因はWindows 8の起動速度が人間の反応より速くなったということだろう。現在、ノートやタブレットPCは、メインのストレージにHDDではなくSSDが利用される。また、BIOSもUEFIへ変更されたため、起動プロセス自体も高速化された。

 そこで、Windows 8以降は起動時にファンクションキーを押すことでメニューを呼び出す方式をやめ、別の方法を用意した。それが起動時に「オプションの選択」画面を表示して、そこから「トラブルシューティング」へ切り替える方法だ。

 「オプションの選択」画面を表示するには、「デスクトップ」もしくは「設定チャーム」「スタート画面」で、[Shift]キーを押しながら「再起動」を選択する。すると、通常の起動ではなく「オプションの選択」画面が表示される。ここから「トラブルシューティング」を選択することで、様々な回復機能へアクセスが可能になる。

 もし、コマンドで「オプションの選択」画面へ移行したい場合は、スタートボタンを右クリック(長押し)して現れるメニューから「ファイル名を指定して実行」を選択し、表示されたダイアログの入力欄に「shutdown /r /o /t 0」を入力する。もしくは、コマンドプロンプト画面で入力して[Enter]を入力してもよい。どちらの方法でも、再起動後に「オプションの選択」画面になる(図2)。

図2●「オプションの選択」画面を表示する
図2●「オプションの選択」画面を表示する
「オプションの選択」画面を表示するには、デスクトップやスタート画面で、[SHIFT]キーを押しながら「再起動」を選択するか、コマンドプロンプトで、「shutdown /r /o /t 0」を入力する。再起動後に「オプションの選択」画面が表示される
[画像のクリックで拡大表示]