PR

 2015年7月29日、待望の「Windows 10」が発売された。Windows 10は、Windows 7もしくはWindows 8.1ユーザーであれば、1年間の無償アップグレードが約束される。Windows史上、このようなOSは存在したことがない。しかも、専用サイトからダウンロードするのではなく、通知領域に表示された「Windows 10を入手する」アイコンから、アップグレードの予約やインストールを行う。そのため、互換性の確認やアップグレード手順などに戸惑うユーザーも多いようだ。

 そこで、今回のWindows 8.1道場は、Windows 8.1からWindows 10へアップグレードする方法を解説し、Windows 8.1道場の最終回としたい。

アップグレードの準備を確認する

 Windows 10が7月29日に発売されることが正式に決定したのは、2015年の6月のことだ。発表時には、Windows 7/8.1ユーザーに対して、1年間無料でアップグレードできることや、予約を行うと優先的にアップグレードできることなどが報道された。

 その後、筆者のPCにも「Windows 10を入手する」アイコンが通知領域に表示されるようになり、クリック(タップ)して「Windows 10を入手する」アプリから無事に予約を完了することができた(図1)。

図1●アップグレードを予約する
図1●アップグレードを予約する
Windows 10 へのアップグレードを予約するには、Windows 8.1の通知領域に表示された「Windows 10を入手する」アイコンをクリック(タップ)する。すると「Windows 10を入手する」アプリが起動するので、「無償アップグレードの予約」をクリック(タップ)する。
[画像のクリックで拡大表示]