PR

直井研究員(以下:直井):う~ん……。所長、難しいです。

平野所長(以下:平野):どうした?解けない知恵の輪でもあるのかい?貸してごらん。この知恵の輪マスターの所長様が3秒で解いて見せよう!

直井:知恵の輪じゃありませんよ。でも、3秒ってすごいですね。ちょっと見てみたいような……そんな遊んでいる暇はないんです!メールの問題ですよ。

平野:今日はノリが悪いね……それで、どんな問題かな?

直井:「引用」についてです。

平野:引用?引用とは、メールを返信するときに、相手のメールを用いて返信すること。国語辞典などには「自分の説について述べるために、他人の説を引いてくること」「人の言葉や文章を自分の話や文章の中に引いて用いること」などの説明が出ている。つまり、人の言葉を借りて利用することだね。

直井:はい。言葉の意味は分かっているんですが、使い方がなんだか難しくって。

平野:問題にぶつかったら、まずは現状を整理しよう。メールの引用には2種類ある。そこから整理をしてみようか。

直井:えっと、メールの引用には「全文引用」と「部分引用」の2つがあります。

平野:そうだね。メールの引用には、相手のメールをすべて残した上に返事を書く「全文引用」と、相手のメールの一部を残して会話のように返事を書く「部分引用」がある。返信する際、相手のメールの全文を残す場合は「全文引用」で、相手のメールの一部を残す場合は「部分引用」と考えれば良いだろう。