PR

 本連載では、ビジネス文章力を向上させたい方のために、筆者がこれまで実務の現場で部下や後輩に教えてきた、教わってきたケースを紹介しながら、様々な文章スキル不足を「病」にたとえ、それを治療する、治療を受けるというコンセプトで、スキルアップの具体的方法について解説します。

 今回の治療は「新規物理解虚弱」の治療です。仕事を進めるのに欠かせない要素は「新しいことをドンドン理解する」ことです。新しいことは難しいと思って避けていると、新しい仕事に対応できなくなります。

 芦屋もこの病気に侵されていました。ビジネス文章ドクターになる前の芦屋には、ビジネスをする上では致命的ないくつかの病気があったのです。それを治療したのは、ビジネス文章女医の女井エリカ(めい えりか)先生でした。

女井エリカ(34歳)医師の診断

女井:次の方、芦屋さん。ちゃんと来たわね。今日はどこが悪いの?

芦屋:はい、上司から「お前の理解力はちょっと」と言われてまして。あのですね。会社のビジネス健康診断でも悪い数値だったんですよ。

女井:そうなの。

芦屋:そうなんです。特に、新しいことが苦手なところがあるみたいです。それで、先生に診てもらおうと。

女井:なるほど。理解力ね。

芦屋:まず、何が問題があるなら、自分で知っておきたいんです。

女井:よい心がけね。あなた素直になったわね。素直さは自己治癒の第一条件よ。あなたの病気も治っていくと思うわ。

芦屋:ありがとうございます。

女井:では、あなたの理解力を診てみましょう。文章を見せてちょうだい。

*     *     *