PR

4.LISMOサービスの変化と進化について

4.1  LISMOを活用するための専用STB(セットトップボックス)「auBOX」

 au Music Portによって,パソコンと連携してさまざまなデータのやり取りができるようになったが,利用実態を調査する上でいろいろなことが分かってきた.図3に,パソコンとテレビの保有状況を調査した結果(2008年当時)を示す.約半数以上の方が自分専用のパソコンを保有しておらず,高校生に限定すると約80%に上っていた.一方で自室のテレビ保有率は8割以上になっていた.これは,高校生に限定した場合も同様であった.当時,着うたや着うたフルの主な購買層は,高校生を中心に中学生や大学生となっていたが[14],さらに調査したところ,CDからの楽曲取り込みに関しては,パソコンを利用している父親や兄弟に操作をお願いしたり,パソコンを借りるようなケースが多いことが分かった.

図3●パソコン,テレビ保有調査
図3●パソコン,テレビ保有調査
[画像のクリックで拡大表示]

 また,実際にLISMOに関して,ユーザヒアリングをしたところ,図4のように,パソコンでの操作が分からないことや,パソコンを持っていないユーザからもっと手軽にCDの楽曲を携帯電話に取り込みたいという要望も多いことが分かった.

図4●LISMO の利用ヒアリング結果例
図4●LISMO の利用ヒアリング結果例
[画像のクリックで拡大表示]