PR

 モバイルサービスの急速な普及により,いつでもどこでもインターネットサービスが利用できる環境が整いつつある.今後は,これに加えて人が活動するあらゆる状況において,人起点,場所起点にさまざまなサービスが連携する世界に発展するものと考えられる.本論文では,このような人が活動する現場で手軽にかつ安全に各種のサービスが実行できる動的デスクトップ技術とこれをもとにしたモバイルサービス基盤のプロト開発と実証実験により得られたプラクティスについて報告する.場所に応じて必要なアプリケーションのみをプッシュ型で提供する本技術を利用することで,状況に応じたサービスを安全に実行することが可能になり,従来ICT化があまり進んでいなかった顧客との接点や作業現場等のフロント領域の業務ソリューションの拡大に寄与するものと期待される.

1.はじめに

 時代はまさにモバイル時代真只中にあり,一昔前のメインフレーム並みの処理能力を有したスマートデバイスを携行し,いつでもどこでもインターネットを介した情報サービスを利用できる環境が構築されている.これに伴って,サービス提供者が作ったサービスを受動的に利用するという形態だけでなく,人が活動する実世界でさまざまなサービスが誕生し,これらを皆で共有し合うといったダイナミックな形態に進化しつつある.今まで情報通信技術(ICT)が十分浸透できていなかったフロント領域に大きな市場がこれから新たに開拓されていくものと期待される.

 本論文では,我々が現在開発に取り組んでいるモバイル業務向けプッシュ型アプリケーション実行基盤について述べる.人が活動する現場で,場所起点でさまざまなサービスが連携して業務を解決するパラダイムを提案し,これを実現するための課題について,実例をもとに報告する.