PR

 MVNO(仮想移動体通信事業者)事業を展開する日本通信は、2月に発売を予定するVAIO製のスマートフォンにIPS(不正侵入防御システム)の機能を搭載することが分かった。IPSを搭載したスマートフォンは珍しい。セキュリティ対策を重視する企業を中心に利用を促し、他社との差異化につなげる考え。

 IPSのアプリは米国子会社のアレクセオが開発した。スマートフォンへの不正アクセスを防ぐだけでなく、攻撃の状況をリアルタイムに把握・分析する機能も用意した。利用料金はこれから詰めるが、月1500円程度で検討しているもようだ。VAIO製のスマートフォンにプリインストールし、アクティベーション後にすぐに使い始められるようにする。

 このほか、日本通信は、企業が保有する0AB~J番号をスマートフォンで使えるようにするソリューションの提供準備も進めている。VAIO製のスマートフォンは個人ユーザーを中心に人気を集めそうだが、IPSの機能をはじめ、0AB~J番号を使える点なども訴求して企業ユーザーの開拓にも力を入れていく。