PR

 2015年3月2日から5日まで、スペイン・バルセロナで開催された「Mobile World Congress 2015(MWC2015)」では、次世代のネットワークやデバイスなどをはじめとする多数の展示が、今年も注目を集めた。

 例年、2月末の開催が多かったMWCだが、2015年の会期は3月上旬となった。2月末のバルセロナは日によっては寒さが厳しく、雨天となることもあったが、2015年の天気は良好。上着が不要に感じるほど温かい日も多く、MWC会場は毎日盛況となった(写真1)。

写真1●MWC2015の会場
写真1●MWC2015の会場
[画像のクリックで拡大表示]

 MWC2015で注目が集まった発表とはどのようなものだったのか、まずは全体を振り返ってみたい。

サムスンはフラグシップ発表も、ソニーは見送り

 サムスンはMWC2015に合わせて、Galaxy Sシリーズの最新機種として「Galaxy S6」と「同edge」を発表。MWC会場の大型広告も相まって、会場内でもっとも目立つスマートフォンの新製品となった(関連記事:[MWC2015]サムスンが「Galaxy S6 edge」発表、モバイル決済システムも写真2写真3)。

写真2●サムスンは「Galaxy S6」「同 edge」を発表
写真2●サムスンは「Galaxy S6」「同 edge」を発表
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●MWC会場には「Galaxy S6 edge」の大型看板が
写真3●MWC会場には「Galaxy S6 edge」の大型看板が
[画像のクリックで拡大表示]