PR

 ここ最近関心が高まっているのが、ヘッドマウントディスプレイ(HMD)を用いた没入間の高いVR(仮想現実)。その市場に「HTC VIVE」で参入しようとしているのが、スマートフォンメーカーとして知られるHTCだ。なぜ、スマートフォンメーカーがVR市場に参入しようとしているのだろうか。そしてHTCは、VRで何を目指しているのだろうか。

HTCが開発したPC向けVR HMD「HTC VIVE」

 専用のHMDを用いることで、あたかも自分が別世界にいるかのような没入感の高い体験ができるVRが、いま大いに注目を集めている。特にゲームの分野において、VRは従来にない体験を与えられることから、大きな盛り上がりを見せているようだ。

 VRを体感できるHMDに関しても、サムスン電子が自社スマートフォンを装着してVRを体感できる「Gear VR」の一般発売を開始したほか、米Oculus VRの「Oculus Rift」が2016年に一般向け発売を表明。さらにソニー・コンピュータエンタテインメントがPlayStation 4向けのHMD「PlayStation VR」を年内に発売すると言われているなど、環境が徐々に整いつつあるようだ。

 そうしたVR HMD市場に参入した主要企業の1つが、スマートフォンメーカーとして知られる台湾のHTCである。同社が開発した「HTC VIVE」は、Gear VRのようにスマートフォンのリソースを活用し手軽にVRを楽しむ機器ではなく、高性能なゲーミングPCに接続してより本格的なVR体験を実現する、Oculus Riftの競合というべきものとなっている(写真1)。

写真1●HTCが開発中の「HTC VIVE」は、パソコンに接続して利用するVR HMDである。写真はHTC NIPPONオフィスにて筆者撮影
写真1●HTCが開発中の「HTC VIVE」は、パソコンに接続して利用するVR HMDである。写真はHTC NIPPONオフィスにて筆者撮影
[画像のクリックで拡大表示]

 そもそもHTC VIVEは、世界最大のパソコンゲームプラットフォーム「Steam」を運営する米Valve社と共同で開発を進めているもので、同社のVR向けゲームプラットフォーム「Steam VR」に対応したVR HMDとなる。2つのベースステーションを部屋に設置し、そこから発せられるレーザーを基にHMDやコントローラーの位置をトラッキングすることで、1ミリ単位での正確な位置を知ることができるのが大きな特徴だ。

 しかし気になるのは、やはりスマートフォンメーカーであるHTCが、なぜパソコン用のVR HMDを開発しているのかということである。そこで今回、そうしたHTC VIVEに関する様々な疑問について、HTCの日本法人、HTC NIPPONの代表取締役社長である玉野浩氏に尋ねた(写真2)。

写真2●HTC NIPPON代表取締役社長の玉野浩氏。写真はHTC NIPPONオフィスにて筆者撮影
写真2●HTC NIPPON代表取締役社長の玉野浩氏。写真はHTC NIPPONオフィスにて筆者撮影
[画像のクリックで拡大表示]