PR

問題解決力の違いが成果を大きく変えた

 さて、いかがでしたでしょうか?実際の事例はここまで単純ではありませんが、今回の事例の本質は、藤牧主任と佐藤主任、二人の問題解決スキルの差が、データ分析の成果を大きく変えたことです。

 二人のスキルの違いを、改めて表にまとめてみましょう(表1)。事例中のアンダーバーと比較しながら見て下さい。

表1●二人の問題解決スキルの違い
表1●二人の問題解決スキルの違い
[画像のクリックで拡大表示]

 問題解決に必要な五つのスキル項目で二人を比較をすると、大きな違いがあるのが分かります。この違いが、分析内容を大きく分けたのです。

 次回は、特売スーパーの事例を振り返りながら、五つのスキル項目で最低限必要なレベルについて解説します。

神谷 勇樹
マーケティングテクノロジスト
神谷 勇樹 在学中よりソフトウエアエンジニアとしてネットワークレイヤーからアプリレイヤーまで様々なプロジェクトに携わり、ITの経験を積む。卒業後はボストン・コンサルティング・グループにてモバイル、小売業界を中心としたB2C企業に対するコンサルティングに従事しつつ、ビジネス・戦略の経験を積む。グリーにてビッグデータのチーム立ち上げや海外展開などに携わった後、2013年から2015年まですかいらーくに在籍し、分析チームの⽴上げ、モバイルアプリの企画・開発などにより業績と収益性を大きく改善させることでIPOにも貢献。