PR

 NTTドコモが2015年9月30日に開催した冬春モデル発表会では、スマートフォン・タブレット11機種、ドコモケータイ1機種、モバイルWi-Fiルーター1機種の合計13機種の端末が新たに登場した(関連記事:ドコモが2015冬春モデル発表会で「Nexus 5X」などを発表、社長が「そば打ち体験」も写真1)。

写真1●NTTドコモが冬春モデル全13機種を発表
写真1●NTTドコモが冬春モデル全13機種を発表
[画像のクリックで拡大表示]

 2015年冬春モデルの特徴として、300Mbpsや262.5MbpsのLTE-Advancedサービス「PREMIUM 4G」対応、2011年の「GALAXY NEXUS SC-04D」以来となるグーグルのNexusシリーズのスマートフォンをラインアップなどがある。Androidではない、iモードのドコモケータイも復活した。

 また、Android 6.0端末は「Nexus 5X」のみとなったが、他の冬春モデルもアップデートが予定されている。これまでキャリア端末へのOSアップデートは遅れが指摘されてきたが、今後は改善される見通しだ。

 「冬春」モデルの名前通り、2016年発売の製品も含まれる。発売日が最も早いのは「arrows Fit F-01H」の10月7日、最も遅いのは2016年3月上旬予定の「Wi-Fi STATION N-01H」で、「Disney Mobile on docomo DM-01H」以外のスマートフォンは全て年内に発売予定となっている。

グーグルの最新スマホ「Nexus 5X」がドコモから登場

 NTTドコモの発表会で注目を浴びたのが、韓国LG電子製の「Nexus 5X」だ。グーグルが9月29日(現地時間)に発表したNexusシリーズの最新機種で、OSに「Android 6.0 Marshmallow」を搭載する。10月下旬に発売する(写真2、3)。

写真2●Nexus 5X
写真2●Nexus 5X
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●背面にもドコモのロゴや独自の型番はない
写真3●背面にもドコモのロゴや独自の型番はない
[画像のクリックで拡大表示]