PR

 ドボン。湯気の立ち上る熱湯の中にApple Watchは沈んでいた。

熱湯に沈むApple Watch
熱湯に沈むApple Watch
[画像のクリックで拡大表示]

 遡ること5分前。ねじ穴や隙間がないApple Watchを前に分解班は考えていた。

 「うーん。どうやって開けようか」。

 「ディスプレーを外すしかないよねえ」。

 「おっ、(分解をいち早く手掛けることで著名な)他のWebサイトが分解されてますね。接着剤をゆるめるため、(電子レンジで温める)蓄熱ジェルみたいなやつで温めてますね」。

 「うちにはないなあ。じゃあ、お湯にでもつけるか」。

 こうしてApple Watchがお湯に浸されることとなった。5分ほど経過した後、Apple Watchをピンセットで取り出し、軍手をした手に移す。

「熱っ!」

軍手を通しても熱が伝わってくる。これなら接着剤は緩んでいるはずだ。