PR

 まず、冷却を強化してみようと、USB冷却台を大型のものに変更してみました(図2)。残念ながら効果なし。

図2●大型のUSB冷却台に変更
図2●大型のUSB冷却台に変更
[画像のクリックで拡大表示]

 続いて、解体して、ファン周りの清掃を行いましたが、状況は改善されません(図3)。

図3●解体掃除中ですが…
図3●解体掃除中ですが…
[画像のクリックで拡大表示]

 ファンコントロールソフト「Macs Fan Control」で測定してみると、ファンの回転数が2500回転以上に上がらず、CPUの温度が80度を超えるとシャットダウンしてしまうようです(図4)。

図4●熱暴走時の「Macs Fan Control」の表示
図4●熱暴走時の「Macs Fan Control」の表示
[画像のクリックで拡大表示]

 どうやらファンの故障のようです。5分くらい作業して、5分くらいスリープさせると、CPU温度が上がらずに作業はできないことはないのですが、あまりに効率が悪いです。ついにファンの交換を断行することにしました。なお、自分で部品を交換することで、本体保障はなくなり、新たな故障の原因となる可能性がありますので、あくまで自己責任となります。