PR

2時間ほどで交換完了

 Apple Storeでは、診断プログラムでバッテリー以外の障害がないかどうかを調べて、その結果無償でバッテリー交換をすることになりました。見積書では、バッテリー交換の7800円が無償になっています。端末を渡す前に、店員にロックコードを教えて、「iPhoneを探す」をオフにしました。

バッテリー交換の書類
バッテリー交換の書類
[画像のクリックで拡大表示]

 交換作業は2時間ほどで完了しました。驚いたことに、データが初期化されていませんでした。バッテリー交換でも、データを維持できるんですね。ただし前述したアナウンスの中に、「データをバックアップするように」という説明がありますので、忘れずにバックアップを取ってから修理に出しましょう。

 その後、数日利用していますが、バッテリーのシャットダウンの症状は発生していません。スマートフォンのバッテリー問題は、一歩間違えると重大な事故になってしまうため、ユーザーとしては気になるポイントです。トラブルがないことが一番ですが、このようにメーカーによる交換プログラムがあると安心できます。iPhone 6sを御利用の方は、ぜひ「iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム」をご確認ください。