PR

 そして、ビジネスユーザー向けの機能として、プロビジョニングパッケージ作成機能(組織内の複数デバイスの構成を効率よく行える機能)やMDM(モバイルデバイスマネジメント、複数の端末をリモートで一元管理)を打ち出しています。ビジネス向けの端末ではありますが、一般ユーザーとしても、FOMAプラスエリア対応ということで使いやすい端末です。

 CoviaからBRREZ X5を借りましたので、写真で紹介します。発売前に借りた端末のため、製品版と違う可能性がありますので、ご了承ください。

図2●背面にロゴ。カメラはメイン800万画素、フロント200万画素。
図2●背面にロゴ。カメラはメイン800万画素、フロント200万画素。
[画像のクリックで拡大表示]
図3●バッテリーは交換可能。リチウムイオン電池パック 2500mAh。デュアルSIMスロット(マイクロSIM×2)、microSDメモリに対応。
図3●バッテリーは交換可能。リチウムイオン電池パック 2500mAh。デュアルSIMスロット(マイクロSIM×2)、microSDメモリに対応。
[画像のクリックで拡大表示]
図4●BREEZ X5(写真左)とFREETELのWindows 10スマホKATANA02(写真右)のサイズ比較。ほぼ同じ大きさ。
図4●BREEZ X5(写真左)とFREETELのWindows 10スマホKATANA02(写真右)のサイズ比較。ほぼ同じ大きさ。
[画像のクリックで拡大表示]
図5●OSはWindows 10 Mobile。ストレージ8GB、メモリー1GB。CPUはQualcomm MSM8909クアッドコア。
図5●OSはWindows 10 Mobile。ストレージ8GB、メモリー1GB。CPUはQualcomm MSM8909クアッドコア。
[画像のクリックで拡大表示]