PR

 使用しているのは、3種類のOSを搭載した端末です。iOSを搭載したiPhone、Android OSを搭載したAndroidスマホ、Windows 10 Mobileを搭載したWindowsスマホの3種類です。それぞれのスマホで良い点があるため、3台を併用するスタイルにしています。3台ともSIMカードを入れておき、どの端末でもLTE通信はできるようにしてあります。

ウエアラブルでダブルガジェットスタイル

図2●ウエアラブルを併用(SHINEとApple Watch)
図2●ウエアラブルを併用(SHINEとApple Watch)
[画像のクリックで拡大表示]

 2015年はある意味、ウエアラブル元年でした。長い間、噂になっていたアップル製のウエアラブル機器として、スマートウオッチ「Apple Watch」が登場したからです。アップルらしく使いやすいApple Watchはまだまだ未完成な部分もありますが、身に付けることでiPhoneの通知を受けることができ、iPhoneユーザーには便利なアイテムとなっています。

 私はウエアラブル機器をもう一つ身に付けています。米MISFITのSHINEという製品です。ディスプレイのないシンプルな活動量計ですが、ライトの点滅で時間と活動量を通知することができます。さらに、ボタン電池で数カ月稼動して防水仕様のため、24時間装着が可能です。Apple Watchが1日1回充電のために外す必要があるのに比べて、装着したままで運用できるので、睡眠時間のログはSHINEで取得しています。左手首にApple WatchとSHINEを付けるスタイルです(図2)。