PR

 スマホブームも一段落してきた感が否めないところだが、高級モデルは日夜進化を続けている。高解像度化競争も著しく、ついに4Kモデルまで登場したのだから驚かされる。ソニーモバイルコミュニケーションズの「Xperia Z5 Premium」は、5.5型液晶を採用し、解像度は2160×3840ドットだ。

 50インチクラスのテレビが4Kで高解像度をウリにし、13インチクラスのノートパソコンでさえ4Kならスゴイと感じるのだけに、その緻密さは驚異としか言いようがない。

 今回は、発売前の試作機を借りることができたのでさっそくレビューしていこう。試作機なので、写真やCPUの性能はチェックしないことにする。また、いくつか気になった点にも言及していくが、製品では改善されている可能性もあることをご了承いただきたい。気になるモデルの情報をいち早くお届けしていこう。

 本体のサイズは「iPhone 6s Plus」とほぼ同様。要するに大型モデルだ。多くの人が片手持ちのスワイプで入力するのは厳しいだろうし、手の小さな人は握るのも辛そうだ。ただ、僕個人としては、iPhone 6 Plusの時代から大画面モデルに 慣れているので、このくらいがちょうど良いと思っている。使い慣れてしまえば、「大は小を兼ねる」と思うはずだ。

新登場の「Xperia Z5 Premium」。(撮影:戸田 覚、以下同)
新登場の「Xperia Z5 Premium」。(撮影:戸田 覚、以下同)
[画像のクリックで拡大表示]
サイズは「iPhone 6s Plus」とほぼ同様の大画面モデルだ。
サイズは「iPhone 6s Plus」とほぼ同様の大画面モデルだ。
[画像のクリックで拡大表示]
背面を並べてもほぼ同じ大きさなのが分かる。
背面を並べてもほぼ同じ大きさなのが分かる。
[画像のクリックで拡大表示]