PR

 今回からITproでコラムを書くことになった野村総合研究所(NRI)理事の楠真です。NRIでは証券、資産運用、銀行などの金融ITソリューションの責任者を務め、ここ数年はシステム基盤全体の担当として「NRIクラウド」の立ち上げを手掛けました。この4月の理事就任を機に、これまでの経験をベースに、IT業界の課題に現場発の問題意識で切り込みたいと考えています。プライドを持ってITに取り組み、「強いIT」を目指す現場の皆さんを勇気づけるようなお話をしましょう。どうぞよろしくお願いします。

  ◆

 先日、ある金融系企業のシステム開発担当の女性管理職と食事をする機会がありました。彼女の会社は数年前に数社が合併し、現在は基幹系システムの統合プロジェクトの真っ最中。しかしその進捗がはかばかしくないと、いろいろなルートから私のところにも漏れ聞こえていました。

「プロジェクト進んでないらしいね。システム統合なんて、どこか一つの既存システムを選択して、全部そこに合わせるしかない。悩んでも仕方ないよね。なにが引っかかってるの?」

「現場はその方向なのですよ。でもトップマネージメントには違う考えがあって……」