PR

FinTechの盛り上がりをどう見ているか。

 恐らく金融は、ずっとITによる変革というメスが入ってこなかった分野。国を問わず、昔から習慣化した取り引きが壊されていない領域だったのだと認識している。なぜそうなったかというと、ブラックボックスの部分が非常に多いからだろう。スタートアップ企業やVCの方々と話をしていると、私自身が当たり前と思っているクレジットカードの仕組みにも、知られていないことがたくさんある。金融業界以外から見ると、よく分からない領域だったので今まで手つかずだったというのが現状ではないか。

 今後、ITによって2種類の変革が進むとみている。

 一つは、金融の非効率な面を改めるものだ。紙ベースや対面で処理する手続きが、いまだに山のようにある。これを省略するイノベーションが出てくるはずだ。

 もう一つは、金融業の基幹業務に関わる部分。ここのスピードが圧倒的に速くなるはずだ。例えば、融資の与信判定。元々は人が担っていたのが、システムによるスコアリングで判定するようになった。これからは自社以外からもビッグデータを集めて、判断する時代になる。

 当社にとって、FinTechはウェルカムだ。クレジットカードのビジネスで見ると、日本は他国に比べて開拓の余地が十分にある。現金決済の割合が巨大だからだ。

 これだけ現金決済の割合が大きいのは、そちらのほうが便利だとユーザーが感じているからだ。これをひっくり返すためのアイデアを考えなければならない。当社の社員だけでは限界がある。外にもアイデアを求めるのが賢明だ。良いアイデアを持つスタートアップ企業があれば、手を組めばいい。

日本では、FinTech企業と金融機関の距離が遠いと言われる。

 確かに、両者には距離があるように感じる。これは私見だが、日本の金融機関はFinTechと協業しようとする思いはあるのだろうが、全社的な合意形成に至っていないように見える。話し合いばかりで実際の協業が進まないとすれば、スタートアップ企業には迷惑な話だ。

 金融業の場合、行政が旗振り役になるのが順当だろう。銀行などが乗り出してくれば、FinTechの状況もかなり変わってくるはずだ。