PR

 プロセッサーはA9となるが、搭載メモリーは現行のiPhone 6/6 Plusと同じ1GBが維持されるかもしれない。端末の処理性能向上はアピールし辛い状況が当面続くものと考えられる。

 アップルは、「iPhone 5s」発表時に「iPhone 5c」も発表した。このiPhone 5cの後継機種とされる製品も噂が絶えないが、iPhone 5cが発表された時は、同じ4インチ液晶端末としてのターゲットを分けただけだった。4.7インチと5.5インチと、画面サイズが異なり、iSightカメラ機能の差がある現在のiPhone 6/6 Plusの場合、iPhone 5cに相当する製品は必要なくなったと考えられる。

 それでも、「iPhone 6c」という端末の噂が絶えないのは、2016年第1四半期に向けて、なんらかのiPhone開発が進められているからだと考えている。

Apple Watchのカラー展開に合わせた新色が登場?

 現時点においてiPhoneは、アップルにとって“最も売れる製品”だ。一方、“戦略上最も重要な製品”としての立場は既に「Apple Watch」に取って代わられている。実はiPhoneも、発売当初は今のApple Watchより少ない販売台数でビジネスをスタートさせている。そして、そのときの事業の主力はiPodだった。

 アップルにとって重要なのは「欲しくなる製品を作る」ことであるため、投入した新ジャンル製品のデザイン変更やソフトウエアの改善は、他の製品と比べて早めに実施する傾向にある。iPhoneの場合は、製品への顧客満足度も高く、売り上げも成長し続けていることから、ハードウエア機能の追加による改良と改善で、まだまだ売れる製品となる。これに対し、Apple Watchは、まったくの新ジャンル製品であるため、早期にモデル追加や新デザインモデルを投入し、ユーザーが欲しくなる度合いを引き上げることに全力を注ぐものと考えられる。

 Apple Watchには、「Apple Watch Sport」のシルバーとスペースグレイ、「Apple Watch」のステンレススチールとスペースブラックステンレススチール、「Apple Watch Edition」には、イエローゴルドとローズゴールドのボディーが提供されている。単純な色で考えると「シルバー、スペースグレイ、イエローゴールド、ローズゴールド」の4色となる。

 これらの色をiPhone 6/6 Plusでそろえるとなると、現状「ローズゴールド」だけが欠けている。そこで、アップルは、iPhone 6s/6s Plusに「ローズゴールドカラー」モデルを追加し、Apple Watchシリーズとカラーコーディネートしやすくすると考えられる。ただし、このローズゴールドカラーは、Apple Watch Editionのローズゴールドカラーと比べ、薄いカラーとなるようだ。

Apple Watchの基本カラーは、シルバー、ブラック、イエローゴールド、ローズゴールドの4パターン。右下の「ローズゴールド」カラーに合わせて、iPhoneにもローズゴールドモデル(ピンク?)が登場するのか?(画像はアップルのホームページより)
Apple Watchの基本カラーは、シルバー、ブラック、イエローゴールド、ローズゴールドの4パターン。右下の「ローズゴールド」カラーに合わせて、iPhoneにもローズゴールドモデル(ピンク?)が登場するのか?(画像はアップルのホームページより)
[画像のクリックで拡大表示]