PR

 前回までは、見積もりを行う上で発生しがちなユーザーとベンダーの認識齟齬について、その主な発生原因と解決策をテーマに取り上げました。今回は、ユーザーとベンダーが見積もりについて合意した後の要件定義や設計で、システム要件が見積時の合意内容から変わる問題の解決策を説明します。

 システム開発プロジェクトではそもそも、ユーザーの要求はプロジェクト開始前の初期見積時には曖昧なものです。ビジネス環境の変化により、要求が変化することもあります。

 たとえ、要求の把握と補完をしっかりと実施し、合意した見積もり内容が妥当なものであっても、その後の変化する要求をマネジメントすることができなければ、初期見積時に合意した内容からシステム要件がどんどん変化していきます。その結果、見積もりの工数やコストと実態とがかい離してしまうことになります。

 見積もりをかい離させないためには、要件定義や設計においても、初期の見積もりの結果を意識してユーザーとベンダーとでシステム要件を膨らませないようにマネジメントする必要があります(図1)。

図1●見積もりが終わった後のマネジメント
図1●見積もりが終わった後のマネジメント

 ここでは、ユーザーとベンダーの間でシステム要件を明らかにしていく要件定義で、システム要件が見積時に合意した内容から大きく膨らんでしまうという問題について、以下の二つの事例に分け問題点と解決ポイントを詳しく説明します。

・事例1「ユーザーの要求を際限なく受け入れてしまった」

・事例2「要件定義が不十分なままだった」

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料