PR

 海外対応のプリペイドSIMを使って、海外でデータ通信をする方法もある。事前にチャージした分だけ利用できる方式なので、後から高額な請求が来る心配がない点は安心だ。例えば、70ページで紹介する「mineo海外用プリペイドSIM」の場合、30メガが650円で、30日間有効。旅行日数は長いが、使用目的はメールのチェック中心で、あまり容量を使わないといった場合、ローミングやWi-Fiルーターを借りるより安く上がる。

→ 現地調達よりも国内事業者のSIMが安心

 海外用のプリペイドSIMは、日本の事業者が販売するものを購入する方法と、渡航先の事業者が販売するものを現地で購入する方法がある。ただし、現地で調達する場合、サポートで日本語が使えなかったり、最悪、通信ができなかったりとハードルが高い。

[画像のクリックで拡大表示]