PR
Application.EnableEvents = True

 前回で紹介したOpenメソッドでブックを開くとき、開くブックに自動実行マクロが存在すると、自動実行マクロが実行されます。自動実行マクロを実行しないでブックを開きたいときは、Excelのイベントを停止してからブックを開きます。Excelのイベントを停止するには、ApplicationオブジェクトのEnableEventsプロパティにFalseを指定します。

 なお、EnableEventsプロパティは、プロシージャが終了しても自動的にTrueに戻りません。ブックを開いた後は、イベントが有効な状態に戻すために、明示的にTrueを指定し直してください。

[画像のクリックで拡大表示]
自動実行マクロとは
 ThisWorkbookモジュールに「Private Sub Workbook_Open()」というプロシージャを作成すると、ブックを開いたときにそのマクロが自動実行されます。これを「Application.EnableEvents = False」によって無効にできます。ブックを開いたときにマクロを自動実行するには、標準モジュールに「Sub Aut o_Open()」というプロシージャを作る方法もありますが、こちらはOpenメソッドでブックを開いたときには自動実行されません。