PR
Private Sub リストボックス名_Click()

 リストボックスで、任意のデータが選択されたときに処理を自動実行するには、ListBoxのClickイベントにコードを記述します。ユーザーフォームのデザイン画面でリストボックスをダブルクリックすると、「Private Sub ListBox1_Click()」のようにマクロ名が自動入力され、リストボックスのデータを選択したときに実行されるイベントマクロを作成できます。

 次のサンプルコードでは、リストボックスのデータをクリックして選択すると、リストの元データ(A列)の右隣(B列)にあるデータを取得してメッセージボックスに表示します。何番目のデータが選択されたのかは、ListIndexプロパティでわかります。

[画像のクリックで拡大表示]