PR

 この連載では、ITの力を事業に生かす活動をリードする「プロフェッショナルITマネジャー」が満たすべき条件を八つの力として紹介している。八つの力は以下の通りである。

1. 掘り起こす力:真に実現したいことを会話などを通して明らかにしていく力
2. 突破する力:ビジネスに成果をもたらすIT企画を経営陣に理解・承認してもらう力
3. 捌(さば)く力:IT部門への要望の取捨選択や、IT部門として取り組む順番を見極める力
4. 仕切る力:企画やプロジェクトを進める際に実施する会議を仕切り、目的を達成する力
5. 付き合う力:社外の専門家や協力会社などと関係を築く力
6. 巻き込む力:様々な関係者から体制構築、情報提供、推進支援などの協力を獲得する力
7. 嗅ぎ分ける力:部下の成果物やベンダーの報告内容などからリスクを察知し、手を打つ力
8. 推し進める力:思いも寄らない事態が発生しても、企画やプロジェクトを遂行していく力

 ここまで総論(ITマネジャーが「プロ」を目指さないと会社が不幸になる)に続いて、掘り起こす力(掘り起こす力:ユーザーと同じ土俵で会話できるか?)、突破する力(突破する力:経営陣から実行承認を勝ち取れるか?)を説明してきた。

 今回は、数多く挙がる案件を「捌(さば)く力」について説明する。