PR

 この連載では、ITの力を事業に生かす活動をリードする「プロフェッショナルITマネジャー」が満たすべき条件を八つの力として紹介している。八つの力は以下の通りである。

1. 掘り起こす力:真に実現したいことを会話などを通して明らかにしていく力
2. 突破する力:ビジネスに成果をもたらすIT企画を経営陣に理解・承認してもらう力
3. 捌(さば)く力:IT部門への要望の取捨選択や、IT部門として取り組む順番を見極める力
4. 仕切る力:企画やプロジェクトを進める際に実施する会議を仕切り、目的を達成する力
5. 付き合う力:社外の専門家や協力会社などと関係を築く力
6. 巻き込む力:様々な関係者から体制構築、情報提供、推進支援などの協力を獲得する力
7. 嗅ぎ分ける力:部下の成果物やベンダーの報告内容などからリスクを察知し、手を打つ力
8. 推し進める力:思いも寄らない事態が発生しても、企画やプロジェクトを遂行していく力

 前回(嗅ぎ分ける力:開発現場が荒れている、あなたならどうする?)は、現場や成果物などの状況からリスクを察知し、早期に手を打つための「嗅ぎ分ける力」を説明した。

 今回はプロフェッショナルITマネジャーが持つべき八つめのスキルとして、思いも寄らない事態が発生しても企画やプロジェクトを遂行していくために不可欠な「推し進める力」について説明する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料