PR

 NGN内の折り返し通信を使ったNGN「NGN-VPN」の利用には、「フレッツ・v6オプション」の契約が必要だ。これでインターネット接続サービスの契約がなくても、「IPoE」という接続方式で拠点間の直接通信が可能になる。NGN内部はIPv6だが、拠点のルーターでLAN側からのIPv4パケットをIPv6でカプセル化できるので、ユーザーはIPv6を意識せずにIPv4を使える(図1-1)。

図1-1●IPv6ネットワークのNGNは、カプセル化でIPv4のVPNに対応
図1-1●IPv6ネットワークのNGNは、カプセル化でIPv4のVPNに対応
IPv6ネットワークのNGNにIPv4パケットを通すために、IPv6パケットにカプセル化する。拠点同士の通信は、IPsecを使ってトンネリングしている。
[画像のクリックで拡大表示]