PR

     テクノロジーの力で、スポーツの世界を変える――。最新のIT(情報技術)をフル活用すればそれが叶うと、革新に向けて果敢に挑む動きがあちらこちらで始まっている。プロチーム向けに試合で勝利できる黄金律を導き出し提供しようとするものもあれば、ハイアマチュア向けに腕前が加速度的に磨かれる究極の練習法を開発しようと試みるところもある。「スポーツ・イノベーション」の最前線を追った。1回目は富士通を、2回目は本稿でパナソニックを、3回目はソニーを取り上げる。

 「バイタル(生命)データこそ、試合を勝利へと誘う新しいトレーニングの指標だ」。パナソニックの販売子会社であるパナソニックコンシューマーマーケティング(以下、PCMC)。eコマースビジネスユニットに所属する増田健二チームリーダーら少数精鋭のチームが、日本のプロスポーツの世界でデータ革命を起こそうとしている。

画面●日本のプロスポーツの世界にデータ革命を起こすべく開発したのが「スポーツデータクラウドサービス」
画面●日本のプロスポーツの世界にデータ革命を起こすべく開発したのが「スポーツデータクラウドサービス」
[画像のクリックで拡大表示]

 急先鋒として7月に投入したのが「スポーツデータクラウドサービス」である。最新ITを活用して選手の詳細なバイタルデータを収集・分析。その上でチームの監督やコーチ、トレーナーが選手一人ひとりの強化を行えるようにする今までにないサービスだ。

 昨今、センサー革命に乗じて、歩数などのバイタルデータを計測し保存・分析し、消費者の健康管理に役立ててもらうサービスが続々登場している。米フィットビットや米ジョウボーンなどがその代表だ。スポーツデータクラウドサービスも考え方は似ているが、プロスポーツ選手の強化を前提にデータの質を高め分析の深みを増した点が新しい。

 センサー自体の精度や取得可能なバイタルデータの種類、さらに分析結果を詳細に可視化――。勝利に向けて飽くなき挑戦を続けるプロスポーツ関係者の肥えた鑑識眼に叶うよう、様々なところにきめの細かい工夫を凝らしている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料