PR

 この連載では、仕事で勝てる「ビジネス文章力」をテーマにしている。良いビジネス文章を書きたいなら、単に礼儀作法を知っているだけではダメである。ビジネススキルを向上させること、これが良いビジネス文章を書くための条件である。

 筆者は「文章は忠実に人の能力を写す鏡」だと考えている。文章の不備は書いた人間の不備、文章がダメなら書いた人間の能力も不十分。文章が悪いのではない、人間が悪いということだ。

 当文章治療室では、筆者がこれまで実務現場で経験してきたケースを使い、さまざまな文章力不足を「病」にたとえ、治療というコンセプトで、スキルアップの具体的方法について紹介する。

 今回は「ビジネス先読み力欠乏症」の治療である。仕事では、常に先を読んで早めに行動する必要がある。「上司から反対されるとしたらどの点か?」「交渉で取引先にNOと言われるとしたらどの事項か?」「顧客は何を欲しがっているのか?」──これらを先読みすることで、仕事をスムーズに進めることができ、ムダな時間を使わずに済む。しかし、先読みができず、場当たり的に行動し、紆余曲折をたどってしまう人がいる。今日の患者も、そういう人だった。