PR

 この連載では、仕事で勝てる「ビジネス文章力」をテーマにしている。良いビジネス文章を書きたいなら、単に礼儀作法を知っているだけではダメである。ビジネススキルを向上させること、これが良いビジネス文章を書くための条件である。

 筆者は、「文章は忠実に人の能力を写す鏡」だと考えている。文章の不備は書いた人間の不備、文章がダメなら書いた人間の能力も不十分。文章が悪いのではない、人間が悪いのだ。

 当文章治療室では、筆者がこれまで実務現場で経験してきたケースを使い、さまざまな文章力不足を「病」にたとえ、治療というコンセプトで、スキルアップの具体的方法について紹介する。

 今回は「話が伝わらない症候群」の治療である。ビジネスでは、仕事で必要なことを他人に説明して理解してもらう必要がある。一方的に説明するだけではダメである。相手に理解してもらえる説明をすることで、「相手に伝わる」ことになる。

上司に話が長いと文句を言われる

 ただし、できるだけ短い時間で伝える必要がある。短い時間で伝えることができないと、相手の時間を浪費してしまうからだ。このように説明は「短い時間で相手に伝える」ことが不可欠だがこれができない人がいる。今日の患者さんも、そういう人だった。