PR

 この連載では、仕事で勝てる「ビジネス文章力」をテーマにしている。良いビジネス文章を書きたいなら、単に礼儀作法を知っているだけではダメである。ビジネススキルを向上させること、これが良いビジネス文章を書くための条件である。

 当文章治療室では、筆者がこれまで実務現場で経験してきたケースを使い、さまざまな文章力不足を「病」にたとえ、治療というコンセプトで、スキルアップの具体的方法について紹介する。

 この連載には、読者から色々なご意見をいただいている。「内容が簡単すぎる」「新人向けレベル」「分かり切った内容で参考にならない」など、手厳しい意見もある。しかし筆者の25年以上のビジネス経験では、ここで紹介するレベルの文章も書けない中堅社員、管理職は多いということだ。

 ここで紹介するような「基本レベルの文章を書けること」「それを部下や後輩に正しく教えられること」これが本連載の目指すところである。簡単だと軽く考えないことが、ビジネス力の向上につながる。

 今回は「文章分かりにくい疾患」の治療である。仕事ではさまざまな文章を書いて他人に読んでもらったり、それを使って説明したりすることが必要になる。だから「分かりやすい文章を書く」ことが欠かせない。

 では、分かりやすい文章を書くためには、何が必要だろうか。筆者の考えるのは、以下の三つである。

  1. 構造化して書く
  2. 難しい言葉は簡単にする
  3. 抽象的な言葉は具体例を付ける

 分かりやすい文章にはこの要素が欠かせないのだが、これが分かっていない人が多い。このような人は相手に内容が伝わらず、相手をイライラさせるので仕事がうまく進まない。今日の患者さんも、そういう人だった。