PR

 この連載では、仕事で勝てる「ビジネス文章力」をテーマにしている。良いビジネス文章を書きたいなら、単に礼儀作法を知っているだけではダメである。ビジネススキルを向上させること、これが良いビジネス文章を書くための条件である。

 当文章治療課では、筆者がこれまで実務現場で経験してきたケースを使い、さまざまな文章力不足を「病」にたとえ、治療というコンセプトで、スキルアップの具体的方法について紹介する。

 この連載には読者より「内容が簡単すぎる」「新人向けレベル」「分かり切った内容で参考にならない」などの意見もある。しかし筆者の25年以上のビジネス経験ではここで紹介するレベルの文章も書けない中堅社員、管理職も多かった。

 ここで紹介するような「基本レベルの文章を書けること」、「それを部下や後輩に正しく教えることができること」これが本連載の目指すところである。簡単だと軽く考えないことが、ビジネス力の向上につながる。

 今回は「進捗報告疾患」の治療である。仕事では役員や部長といった上司、上長に仕事の状況(プロジェクト進捗)を報告することが多い。報告する側は上位職の好みを考慮し、適切な内容を報告することが求められる。

 重要なのは、上司や上長が「何を知りたいか、何を求めているか」である。「細かい問題は気にしないので、大きな問題なし」と報告して欲しい人もいれば、「小さい問題も報告して欲しい」人もいる。上司の好みを把握し、それに応じた報告をする必要があるのだ。

 進捗報告では、このような配慮が欠かせないのだが、これができていない文章が多い。このような文章は上司・上長の不満につながり、仕事の評価も低くなる。今日の患者さんも、そういう人だった。