PR

ポジティブな気分でこの問題にチャレンジ

 それではポジティブな気分になって次の問題にチャレンジしてもらいたい。図2のように9つの青い点がある。直線4本の一筆書きで全ての青い点を通るようにしてもらいたい。さて見事解答を得られるだろうか。

図2●9つの青い点
図2●9つの青い点
[画像のクリックで拡大表示]

 この問題は結構有名なので簡単に解いてしまう人も多いかもしれない。ならばもう一問。直線4本ではなく直線3本の一筆書きで全ての青い点を通るようにしてもらいたい。こちらはあまり有名ではない問題なのでちょっと難しいかもしれない。

 じっくり考えてもらいたい。答えは見つかっただろうか。以下、解答を示す(図3、図 4)。

図3●直線4本の場合
図3●直線4本の場合
[画像のクリックで拡大表示]
図4●直線3本の場合
図4●直線3本の場合

 答えを見れば「なんだ」となろう。しかし実際に考えてみるとなかなか適切な解答が見つからなかったのではないか。

 まず、直線4本の場合の図3を見てみよう。この解答のポイントは9つの点の枠を飛び越えて直線を引いている点だ。9つの点の枠内にとどまっている限り4本の直線で全ての青い点を通ることはできない。枠を飛び越える、つまり従来のものの見方(枠)から抜け出す水平思考(「第10回 行き詰まったら方向転換、エドワード・デ・ボノの「水平思考」をものにせよ!」参照)が欠かせない。あるいは枠を飛び越える精神の拡張が欠かせない。となると、ポジティブ感情が水平思考には欠かせない、ということになろう。

 しかし4本の直線で満足していてはいけない。3本の直線になると、さらに枠を飛び越える発想が必要になる。さらなる違うものの見方だ。問題には、直線が青い点の中心を通らなければならないという条件はない。この点に着目すれば、図4の解答のように、3本の直線でも全ての9つの点を通ることは可能だ。やはり精神を拡張しなければ、この問題を解くのは難しいのかもしれない。