PR

 万が一、ファイルが漏洩したとしても、中身が見られないようにするにはファイルの暗号化が有効だ。これはWinodws 10 Pro以上の機能なのでWindows 10 Homeでは利用できない。

 ファイルの暗号化をすると、特定のアカウントでログインした状態でないとファイルが開けないようになる。ファイル単位で設定できる上、PCの管理者アカウントでも開けないほど強力だ。解除するには同じ手順で暗号化のチェックを外せばよい。暗号化したファイルはエクスプローラー上のアイコンに鍵のマークが付くので分かりやすい。

 暗号化したファイルは他のアカウントやPCでは原則開けないが、開けるようにする方法もある。暗号化したアカウントで「証明書」ファイルを発行し、開きたいアカウント/PCで適用すればよい。発行するには暗号化したファイルのプロパティを開き、「詳細設定」「設定」と進み、ユーザー名を選んで「キーのバックアップ」をクリックする。同じPC内であれば、上記の画面でアクセスを許可するアカウントを追加することも可能だ。

暗号化したいファイルを右クリックしてメニューを出し、「プロパティ」を選ぶ
暗号化したいファイルを右クリックしてメニューを出し、「プロパティ」を選ぶ
[画像のクリックで拡大表示]
「全般」タブにある「属性」の項目の「詳細設定」をクリックする
「全般」タブにある「属性」の項目の「詳細設定」をクリックする
[画像のクリックで拡大表示]
「内容を暗号化してデータをセキュリティで保護する」にチェックをいれ、「OK」を押す
「内容を暗号化してデータをセキュリティで保護する」にチェックをいれ、「OK」を押す
[画像のクリックで拡大表示]
暗号化したファイルには鍵のマークが付くので判別できる
暗号化したファイルには鍵のマークが付くので判別できる
[画像のクリックで拡大表示]