PR

 Windows ファイアウォールが表示した確認を取りあえずOKしてしまったが、よくよく考えたら取り消したい、といったことはあり得る。Windows ファイアウォールでは、左側にあるメニュー項目から、アプリの通信可否が一覧できるようになっている。思い当たるアプリがあれば、「設定の変更」を押して設定できるようにしてから、チェックを外す。項目そのものを無くしたいときは「削除」する。

Windowsファイアウォールの画面を呼び出して、左側の「Windowsファイアウォールを介したアプリまたは機能を許可」を選択する
Windowsファイアウォールの画面を呼び出して、左側の「Windowsファイアウォールを介したアプリまたは機能を許可」を選択する
[画像のクリックで拡大表示]
アプリケーションの通信の許可状況が一覧できる。チェックボックスがグレーになっているが、「設定の変更」ボタンを押すと設定できるようになる。怪しいと思ったソフトがあれば、ここでチェックを外すか、削除する
アプリケーションの通信の許可状況が一覧できる。チェックボックスがグレーになっているが、「設定の変更」ボタンを押すと設定できるようになる。怪しいと思ったソフトがあれば、ここでチェックを外すか、削除する
[画像のクリックで拡大表示]

*掲載した画面は、Windows 10 HomeまたはWindows 10 Proのものです。画面や動作は、2015年7月末に公開された初期の製品版(ビルド10240)、11月上旬に公開されたアップデート版(ビルド10586)、およびその中間で公開されたInsider Preview版のビルドで確認しています。 ハードウエア構成やPCに接続している機器によって、Windowsのエディションやバージョン(ビルド)が同じでも、異なる画面や操作になることがあります。 Windows 10のアップデートにより、画面や操作が変わる、使えていた機能が使えなくなる、あるいは挙動が変更されるなどの可能性があります。