PR

 アップグレードの場合、無線LAN のアクセスポイントの情報は引き継がれる。新規にPCを入手した、あるいはWindows 10をアップグレードで新規インストールした場合は、セットアップ途中で無線LAN のアクセスポイントの設定が必要になる。

 Windows 10 が動作している状態では、タスクバーの無線LAN のアイコンをクリックすると一覧が出る。新しいアクセスポイントを追加したいときは、ここで設定する。

 手順は下の通り。基本的には「ネットワークセキュリティーキー」を入力するだけだ。不調だったり、意図しないアクセスポイントに接続されたりして切断したいときは、アクセスポイントを指定してボタンを押せばよい。無線LAN の設定は「設定」からたどれるほか、アクセスポイントの一覧の下部のリンク、クイックアクションのアイコンの右クリックでも行ける。

無線LAN のアダプターそのものが有効になっていれば、接続可能なアクセスポイントの一覧が表示される。接続したいアクセスポイントを選択する
無線LAN のアダプターそのものが有効になっていれば、接続可能なアクセスポイントの一覧が表示される。接続したいアクセスポイントを選択する
[画像のクリックで拡大表示]
「接続」ボタンを押す。これまで一度も接続したことのないアクセスポイントで、セキュリティが掛けてある場合は、「ネットワークセキュリティキーの入力」として入力が促される。適切な文字列を入力したら「次へ」を押す。「ほかのPCに検出できるようにするか」は、自宅や社内なら「はい」にする。問題がなければ「接続済み」になる
「接続」ボタンを押す。これまで一度も接続したことのないアクセスポイントで、セキュリティが掛けてある場合は、「ネットワークセキュリティキーの入力」として入力が促される。適切な文字列を入力したら「次へ」を押す。「ほかのPCに検出できるようにするか」は、自宅や社内なら「はい」にする。問題がなければ「接続済み」になる
[画像のクリックで拡大表示]
切断も簡単だ。一覧から切断したいアクセスポイントを選択してボタンを押せばよい
切断も簡単だ。一覧から切断したいアクセスポイントを選択してボタンを押せばよい
[画像のクリックで拡大表示]
設定は、「設定」→「ネットワークとインターネット」→「Wi-Fi」にある。上の画面からも行ける
設定は、「設定」→「ネットワークとインターネット」→「Wi-Fi」にある。上の画面からも行ける
[画像のクリックで拡大表示]
一時的に使ったアクセスポイントも、PCには記録されている。使わないことが分かっている場合は、「Wi-Fi 設定を管理する」から「既知のネットワークの管理」とたどると一覧が表示されるので「削除」できる
一時的に使ったアクセスポイントも、PCには記録されている。使わないことが分かっている場合は、「Wi-Fi 設定を管理する」から「既知のネットワークの管理」とたどると一覧が表示されるので「削除」できる
[画像のクリックで拡大表示]

*掲載した画面は、Windows 10 HomeまたはWindows 10 Proのものです。画面や動作は、2015年7月末に公開された初期の製品版(ビルド10240)、11月上旬に公開されたアップデート版(ビルド10586)、およびその中間で公開されたInsider Preview版のビルドで確認しています。 ハードウエア構成やPCに接続している機器によって、Windowsのエディションやバージョン(ビルド)が同じでも、異なる画面や操作になることがあります。 Windows 10のアップデートにより、画面や操作が変わる、使えていた機能が使えなくなる、あるいは挙動が変更されるなどの可能性があります。