PR

 Windows において、ドライブの空き容量を知りたいときはエクスプローラーを開くのが最も簡単だ。システムドライブや外付けHDD、USBメモリーなど、どれでも全体容量と空き容量が分かる。

 Windows 10 では、ドライブ内部で何のファイルがどれだけ占有しているかが分かるようになった。「設定」から下の通りにたどると、ドライブ全体がまず表示される。さらにクリックしていくと、その内訳が順に表示される。USBメモリーなどでも、フォルダーごとに画像などの容量を計算して算出する。

「設定」→「システム」→「ストレージ」とたどると、ドライブがどれくらい使われているか分かる。下の「保存場所」はリムーバブルメディアを含む、別のドライブがあるときにアプリやドキュメント、音楽、画像などの保存を切り替える指定だ
「設定」→「システム」→「ストレージ」とたどると、ドライブがどれくらい使われているか分かる。下の「保存場所」はリムーバブルメディアを含む、別のドライブがあるときにアプリやドキュメント、音楽、画像などの保存を切り替える指定だ
[画像のクリックで拡大表示]
ストレージをクリックすると内訳を計算して表示する。各項目をクリックするとさらにその内容を表示する。「ドキュメント」「ピクチャ」などは、それぞれのフォルダーを表示する
ストレージをクリックすると内訳を計算して表示する。各項目をクリックするとさらにその内容を表示する。「ドキュメント」「ピクチャ」などは、それぞれのフォルダーを表示する
[画像のクリックで拡大表示]
「システムと予約済み」ではWindows 10が利用しているファイルや仮想メモリー用ファイル、休止状態用ファイル、「システムの復元」の容量が分かる
「システムと予約済み」ではWindows 10が利用しているファイルや仮想メモリー用ファイル、休止状態用ファイル、「システムの復元」の容量が分かる
[画像のクリックで拡大表示]
「アプリとゲーム」をクリックすると、「設定」→「システム」→「アプリと機能」と同じ画面になる。ここからアンインストールが可能だ
「アプリとゲーム」をクリックすると、「設定」→「システム」→「アプリと機能」と同じ画面になる。ここからアンインストールが可能だ
[画像のクリックで拡大表示]

*掲載した画面は、Windows 10 HomeまたはWindows 10 Proのものです。画面や動作は、2015年7月末に公開された初期の製品版(ビルド10240)、11月上旬に公開されたアップデート版(ビルド10586)、およびその中間で公開されたInsider Preview版のビルドで確認しています。 ハードウエア構成やPCに接続している機器によって、Windowsのエディションやバージョン(ビルド)が同じでも、異なる画面や操作になることがあります。 Windows 10のアップデートにより、画面や操作が変わる、使えていた機能が使えなくなる、あるいは挙動が変更されるなどの可能性があります。