PR

 今回レビューするのは、“フランス発”を売りとする「ALCATEL ONE TOUCH IDOL 3」。ALCATELは、そもそもフランスの通信機器メーカーだったが、中国の総合家電メーカーTCLに買収され、TCLの子会社であるTCLコミュニケーションがALCATELブランドを引き継いで、スマートフォンを開発・販売している。日本では、まだ知名度は低いが、グローバルでは着実に出荷台数を伸ばしているメーカーだ。

 日本では、2014年にイオンスマホとして「ALCATEL ONE TOUCH IDOL 2 S」が発売されたが、メーカー自らがコンシューマー向けに販売するのは、今年の8月25日に発売された「ALCATEL ONE TOUCH IDOL 3」が初めて。本機が日本市場への本格参入モデル第1弾と言っていいだろう。

5.5インチのフルHDディスプレイを搭載
5.5インチのフルHDディスプレイを搭載
[画像のクリックで拡大表示]
背面パネルにはヘアライン処理が施されている
背面パネルにはヘアライン処理が施されている
[画像のクリックで拡大表示]
「ALCATEL ONE TOUCH IDOL3」の主な仕様
OSAndorid 5.0
ディスプレイ5.5インチ
解像度1080×1920ドット
CPUオクタコア Qualcom Snapdragon 615(1GHz+1.5GHz)
メモリー2GB
ストレージ16GB
外部ストレージmicroSDカード(128GB)
カメラ解像度リア:1300万画素/イン:800万画素
無線通信Wi-Fi(802.11a/b/g/n)、Bluetooth 4.1
SIMスロットmicro-SIM×1
通信方式FDD-LTE:バンド1/3/7/8/19/20/、
W-CDMA:800/850/900/1900/2100MHz帯、GMS
本体サイズ幅74.14×厚さ7.4×高さ152.7mm
重さ約141g
価格4万2560円*
* ALCATELのオンラインショップでの価格